AGA治療の概要

そもそもAGAとは何か?

男性型脱毛症と呼ばれ、男性ホルモンと遺伝が関係しているとされてます。
(最近では生活習慣やストレスといった環境因子も関連しているという報告もあるようです)

AGAの特徴

頭頂部と前頭部の髪の毛が正常より早い段階で抜けるのが特徴。

見た目や体感的には、髪のハリやコシが弱くなりジワジワ脱毛していくパターンが多いようです。

年齢的には20代後半~40代で多いとされてますが

最近では20代前半でもクリニックへ相談に行く人は増えているようです(AGAを発症しているかどうかは別ですが)。

国際的な判断基準というのもあるようで、

「薄毛部分に細い毛が2割以上あるとAGAの疑いがある」

と言われてます。

(注)細い毛とはAGAの原因とされるジヒドロテストステロンの影響で成長が阻害されている状態の毛です。

 

治療方法

最近ではAGA治療をする人が増えてきたこともあるのか、

クリニックが増えてきてますし、治療費用も安くなってきた印象があります。

ただ、治療方法はどのクリニックも共通してる部分が多いような。

具体的な治療方法

どのクリニックでも外用薬と内服薬を処方されるのが一般的かと。

治療初期段階ではクリニックにて直接頭皮に治療薬を注射する等の施術はよく聞きます。

注射といっても注射針を刺すわけではなく、

私がお世話になってるクリニックでは、針で頭皮に傷をつけて外用薬をしみ込ませるやり方でした。

私の知り合いが通ってるクリニックではダーマローラーだったそうです。

で、半年経過したあたりで発毛が実感できたタイミングで

治療をつづけるか、維持するかの選択を聞かれました。

また、クリニックによっては自毛植毛という施術をしてくれるところもあります。

こちらとか⇒AGAスキンクリニック

自毛植毛とはAGAの影響を受けない部分の頭皮を切り取り、増やしたい部分に植え込むという施術です。

もともとは事故や病気で髪を失ってしまった方向けの施術として行われていいたそうなんですが

人工植毛よりも自毛植毛の方が安全性が高いということで世界的にも認められているそうです。

 

治療のタイミング

治療の効果的なタイミングは薄毛が気になり始めたタイミングかと。

AGAは進行型の病気と言われていて、ある程度進行した後だと

髪の毛の再生能力が弱くなり発毛までのハードルが高くなるようです。

いつもの髪型が作れなくなった、など何らかの兆候はありますので

そのタイミングでカウンセリングや検査を受けに行くのがいいのではないでしょうか?

 

 

コメントは受け付けていません。